マイル貯め方 – 誰でも簡単にマイルの貯める方法「陸マイラー」は初心者が有利!

マイル貯め方ハワイ

マイルを貯める方法には大きく分けて3つあります。

(1)飛行機に乗ってマイルを貯める。

例えば、ANAの東京-ハワイ間のエコノミークラスのフライトを利用した場合でも往復で7,662マイルしか貯まりません。

国内線はもっと少なく、東京-大阪間のエコノミークラスのフライトを利用した場合は往復で560マイルしか貯まりません。

ツアーや格安航空券を利用した場合はさらにこの50%のマイルしか貯まりません。

マイルを貯めて海外旅行に行くためには、一人あたり数万マイル必要なので、この方法はかなり大変です。

正規料金で何回も海外旅行に行く必要があります。

この方法はお薦めできません。

 

(2)クレジットカードを使ってポイントを貯めてから、マイルに交換する。

買い物をクレジットカードで決済することで、ポイントが貯まるので、それをマイルに交換する方法があります。

クレジットカードによって多少の違いがありますが、買い物した金額の0.5%から1.4%程度のポイントが貯まります。

それをマイルに交換すると半分の50%になります。

具体例で説明します。

年間100万円をクレジットカードで決済した方の場合、1%のポイントが貯まるとすると、1万ポイントが取得できます。

これをマイルに交換すると、50%の5,000マイルになります。

この方法でも、数万マイル貯めるためには、1,000万円近く決済が必要になるのでとても大変です。

この方法もお薦めできません。

 

(3)ポイントサイトで貯めて、マイルに交換する。

ポイントサイトとは、企業が広告を掲載することにより、その企業の「ショッピング」や「サービス」を利用したお客さんにお礼としてポイントを配付する仕組みです。

登録はすべて無料です。

たくさんの有名企業が、テレビや雑誌に広告を出すように、ポイントサイトに広告を出しています。

ポイントサイトは、普段は使わない企業でも、「ポイントがもらえるなら使ってみようかな」というニーズを引き出しています。

このポイントサイトでお得な案件を探して、ポイントを貯めると、数万円のポイントがすぐ手に入ります。

それをマイルに交換することによって、簡単に大量のマイルを貯めることが可能です。

この方法が初心者でも年間20万という大量のマイルを貯めることが出来る最も簡単な方法です。

 

 

飛行機やクレジットカードではマイルを貯めるのは難しい

マイル貯め方

飛行機でマイルを大量に貯めるには、何回も海外旅行に行く必要がありますし、クレジットカードでマイルを貯めるにも、数千万円の決済をしなければ、大量のマイルを貯めることが出来ません。

しかし、ポイントサイトを使った「陸マイラー」になって、マイルの貯めると、努力をしなくても、毎月数万マイルが簡単に貯まります。

また、マイルを貯まると航空券を購入するのに比べて、格安でビジネスクラスやファーストクラスに搭乗できるので、マイルの価値が現金に比べて上がります。

 

 

陸マイラーとは

この3つ目の「ポイントサイト」を使ってマイルを貯める人々のことを「陸マイラー(おかマイラー)」と呼びます。

この「ポイントサイト」を使ってマイルを貯める「陸マイラー」が簡単かつ初心者にもお薦めの方法です。

 

 

主婦でも、学生でも、フリーターでも可能

陸マイラーの特徴は、出張に飛行機で頻繁に行く人やクレジットカードで高額な決済をするお金持ちじゃなくても、簡単にマイルを貯められる方法です。

さらに凄いのは「陸マイラー」はお金が一切かからない点です。

時間もかからず、気軽に始められて、マイルが大量に貯まる裏技なのでデメリットがありません。

このマイルを貯める方法は、初心者も上級者もやり方は一緒です。

しかも初心者の方が有利な場合が多いです!

 

 

まずは目標マイルを決めよう!

この「陸マイラー」と呼ばれるポイントサイトを利用したマイル貯めの方法の場合、最大で年間21,600ANAマイルを貯めることが可能です。

大人もこどもも必要なマイル数は同じです。

L(ローシーズン・閑散期)は、1月2月や4月など、H(ハイシーズン・混雑期)はお盆や年末やゴールデンウィークなど、R(レギュラーシーズン・通常期)はそれ以外となります。

 

国内線(マイル特典航空券)

まずは、ANAの国内線から見てみましょう。

東京-大阪間(往復)の場合

  • L(ローシーズン・閑散期)は10,000マイル
  • R(レギュラーシーズン・通常期)は12,000マイル
  • H(ハイシーズン・混雑期)は15,000マイル

東京-沖縄間(往復)の場合

  • L(ローシーズン・閑散期)は14,000マイル
  • R(レギュラーシーズン・通常期)は18,000マイル
  • H(ハイシーズン・混雑期)は21,000マイル

ANAの国内線では、一人当たり10,000マイルから23,000マイルまでのあります。

行きたい場所、行きたい時期、人数によって必要なマイル数を計算してみましょう。

例えば3人家族で、東京-大阪間に夏休み前半(レギュラーシーズン)に旅行にいくとすると、12,000マイルが3人分で、36,000マイル必要になります。

 

 

国際線(マイル特典航空券)

次に、ANAの国際線を見てみましょう。

マイルを使ったフライトはエコノミークラスが少ないマイル数で利用可能ですが、実はマイルを使う場合は、ビジネスクラスがお得です。

日本-韓国間(往復)の場合

エコノミークラス
  • L(ローシーズン・閑散期)は12,000マイル
  • R(レギュラーシーズン・通常期)は15,000マイル
  • H(ハイシーズン・混雑期)は18,000マイル
ビジネスクラス
  • L(ローシーズン・閑散期)は25,000マイル
  • R(レギュラーシーズン・通常期)は30,000マイル
  • H(ハイシーズン・混雑期)は33,000マイル

 

日本-ハワイ間(往復)の場合

エコノミークラス
  • L(ローシーズン・閑散期)は35,000マイル
  • R(レギュラーシーズン・通常期)は40,000マイル
  • H(ハイシーズン・混雑期)は43,000マイル
ビジネスクラス
  • L(ローシーズン・閑散期)は60,000マイル
  • R(レギュラーシーズン・通常期)は65,000マイル
  • H(ハイシーズン・混雑期)は68,000マイル

 

ハワイ行きのチケットは、エコノミーの場合は10万から20万程度ですが、ビジネスクラスだと20万円から40万円します。

しかしマイル特典航空券で交換した場合は、60,000マイル程度で交換可能となっており、大変お得です。

例えば3人家族で、日本-ハワイ間に夏休み前半(レギュラーシーズン)にビジネスクラス旅行にいくとすると、65,000マイルが3人分で、195,000マイル必要になります。

おおよその目標マイルは決まりましたでしょうか。

目安として目標マイルを決めておくと計画を立てながら陸マイラー活動が出来るのでお薦めです。

 

 

ポイントサイトを知ろう

  • ショッピングの利用で数パーセント還元
  • クレジットカード発行で数千ポイント獲得
  • FX口座の開設および取引で数万ポイント獲得
  • カードローン口座開設で数千ポイント獲得
  • 資料請求やアンケートに答えてで数千ポイント獲得

ポイントサイトにはこのような広告案件がたくさんあります。

いつも利用している楽天やヤフーショッピングなどもポイント還元の対象です。

クレジットカードも、企業サイトやお店で作成するとポイントはもらえませんが、ポイントサイトの広告経由で作成すると数千ポイントが取得可能です。

クレジットカードは、一般的に同月に複数枚の申込みをすると審査落ちする方が多いです。逆に、毎月一枚までの発行ならばまったく問題はありません。

私もほぼ毎月一枚のクレジットカードを発行して、1年程度で解約しています。

一番効率が良いのがFX口座の開設および取引です。

このFX口座の開設および取引は、数回の取引で10,000ポイントから20,000ポイントもらえる高額な案件なので、マイルをいっぱい貯めたい方はぜひ挑戦しましょう。

 

マイルが一番貯まる「ハピタス」についてはこちらです。

ポイントサイト「ハピタス」とは

 

 

初心者こそ有利

このクレジットカードの発行やFX口座の開設は一人一回までのところが多いです。

既にそのクレジットカードを過去に発行してたり、FX口座が開設済みの場合は、ポイントがもらえないので、初めて陸マイラーに挑戦する初心者ほど、たくさんの広告案件が残っており有利です。

初心者の方ほど簡単にマイルが貯まります。

 

 

ソラチカルートで交換率アップ

ポイントサイトを利用した裏技にくわえて、さらにソラチカルートという別の裏技を使うことでANAマイルがさらに貯めやすくなります。

JCBと東京メトロが共同で発行するソラチカカード(ソラチカ)は、特典としてポイントサイトで貯まったポイントを90%で交換できるサービスを提供しています。

通常ポイントサイトで貯まったポイントは50%でマイルに交換することになりますが、このソラチカカード(ソラチカ)を保有しているだけで、特にクレジットカードを利用しなくても、ポイントを90%でANAマイルに移行可能です。

初年度は年会費無料キャンペーン中ですが、翌年から2,000円(税別)の年会費がかかります。

18歳以上で学生の方でも発行が可能です。

ただし、本人または配偶者に安定継続収入のある方に限ります。

現在キャンペーン中で、1,000ANAマイルをプレゼント中です。

 

ソラチカルートの説明はこちらです。

ソラチカカードとは – ソラチカルートでANAマイル90%で交換できる特殊なクレジットカード

 

 

.money(ドットマネー)の登録も必要

ポイントサイトのポイントを直接ソラチカカード(ソラチカ)の東京メトロポイントに交換できると良いのですが、直接は交換できない仕組みになっています。

そのため、ポイントサイトで貯めたポイントをAmebaが運営する.money(ドットマネー)に交換します。

その.money(ドットマネー)をソラチカカード(ソラチカ)の東京メトロポイントに交換することで、時間はかかりますが、通常の50%の還元率が90%の還元率となり、マイルが大幅に貯まりやすくなります。

.money(ドットマネー)の登録はもちろん無料です。

 

https://d-money.jp/

 

 

図解ソラチカルート

ソラチカルート図解

  • ポイントサイト「ハピタス」から20,000ポイントを.money(ドットマネー)の20,000ポイントに交換します。
  • そして、.money(ドットマネー)の20,000ポイントを、東京メトロポイント20,000ポイントに交換します。
  • 最後に、東京メトロポイントからANAマイルに交換すると20,000ポイントが90%の18,000ポイントで交換可能です。

 

このソラチカルートの欠点は時間がかかることです。

毎月のサイクル

ドットマネーから東京メトロポイントの交換は毎月15日が締め切りで、そこまでに申し込みすると翌月11日前後に交換可能です。

また、東京メトロポイントのからANAマイルへの交換は毎月15日が締め切りで、そこまでに申し込みすると翌月5日前後に交換可能です。

このように、毎月の15日までに申請すれば、それぞれ1ヶ月程度で交換が可能です。

時間がかかりますが、このソラチカルートが還元率から考えて一番お得です。

 

毎月のスケジュールや手順はこちらです。

マイルを貯めるスケジュール表 – ソラチカルート解説

毎月の上限

なお、東京メトロポイントからANAマイルに交換は、毎月20,000ポイントが上限なので、毎月最大18,000ANAマイルが貯まります。

年間では、最大216,000ANAマイル貯まります。

ポイントサイトを利用して、ポイントをしっかり貯めると、このような大量のマイルも取得可能です。

このような大量のマイルはフライトやクレジットカードの決済では絶対に貯めることは不可能です。

 

 

具体的な手順

少し説明が長くなってしまいましたが、まとめると以下のようになります。

1から4は最初に行うだけなので、少し面倒ですが、パソコンやスマホで時間のある時に行って下さい。

  1. ポイントサイトへの登録を行います。
  2. ソラチカカードに申し込みます。
  3. .money(ドットマネー)に申し込みます。
  4. ポイントサイトで各種案件に取り組みます。
  5. ポイントサイトで貯まったポイントをソラチカルートでマイルに交換します。
  6. 4と5を繰り返します。

マイルを貯める具体的な手順はたったこれだけです。

この方法で、毎月最大18,000のANAマイルを貯めることが可能です。

JCBソラチカカードと.money(ドットマネー)は、ポイントサイトでもポイントが貯まり始めてから登録しても大丈夫です。

 

 

ポイントサイト選びは慎重に!

ポイントサイトはお得な案件がたくさんあって、使いやすい必要があります。

しかし、一番重要なのは、倒産しないしっかりした企業であることです。

ポイントサイトを運営する企業が倒産してしまうと、これまで貯めたポイントが無くなってしまいます。

ですから実績があって、会員数がたくさんいる安心できるポイントサイトを選ぶ必要があります。

私がいくつものポイントサイトを利用して、使いやすさや利用できる案件の充実度、企業の資本力などを考慮して一番おすすめするのが「ハピタス」です。

「ハピタス」は、会員数180万人を抱え、10年以上の歴史があり、プライバシーマークも取得しており個人情報にも万全の体制をとっています。

また、相談や問い合わせに対する回答も迅速で丁寧なので、誰にもおすすめできるポイントサイトです。

 

 

ハピタスでポイントを貯めよう!

まずはポイントサイトに登録して、どんな案件があるか見てみましょう。

楽天やヤフーなど、いつも使っているショッピングサイトもあります。

今後は、必ずポイントサイトを経由して買い物しましょう。

 

 

登録は無料で簡単です!

まずはメールアドレスとパスワードとニックネームの登録です。

パスワードには、「半角英数字」「.」「-」「_」を使用し、8文字以上で入力してください。

ハピタス登録

 

次に性別や携帯番号を入力します。

ハピタス マイル貯め方

 

最後に、「メールアドレスの確認」と「携帯電話へのショートメールによる認証番号の確認」を行い登録完了です。

これでハピタスを使ってポイントが貯めることが出来ます。

すぐにハピタスに登録して、いろいろな案件を探して、ポイントを貯めてみましょう。

数ヶ月で、数万マイル貯まれば、海外旅行に行くことも可能です。

ハピタスへの登録はこちらです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタス